高等学校の紹介

特別進学コースについて

ハイレベルな授業構成により、トップレベルの国公立大学を狙える学力を身につけます。

国公立大学をめざすなら、大学入試センター試験での高得点が必須です。そのために必要な科目群・カリキュラムを用意しセンターを突破する力を身につけます。さらに、毎日の授業を7時限構成にし十分な学習時間を確保。二次試験に向けて論述力も鍛えます。また、学習合宿や特別講座、受験対策講義などを行い、合格を全力でバックアップします。

POINT1

7時限授業

■ 45分授業で、効率的で効果的な授業を徹底しています。
文部科学省の定めた年間の授業数は年間35週。ただ、学校行事などのため実質25週ぐらいというのが多くの学校での実情となっています。本校では行事は土曜日に行い、平日の授業時間を確保。さらに、1時限45分とすることで6時限が14:50に終了し、7時限や特別講座の受講を可能としました。単に授業数を増やすことだけに注力するのではなく、内容に工夫を凝らすことで授業を効率化。放課後の時間を確保し学校生活の充実も図っています。

POINT2

特別講座

■ 有名予備校の講座により、効率よく受験対策。
国公立大学、難関私立大学の合格をめざす希望者を対象に、校内で有名予備校の講師による特別講座を開講しています。予備校のノウハウがつまった大学受験対策により、志望校の入試に向けて効率よく実力がアップできます。

POINT3

学習合宿

■ 互いに励まし合いながら集中的に勉強。
毎年8月、特別進学コースの1・2年生を対象に行われる3泊4日の学習合宿。朝から晩まで国語・数学・英語の3科目を集中的に学びます。今後の学習のさらなる飛躍をめざし、生徒たちは互いに励まし合いながら勉強に取り組んでいます。最終日には国公立大学のオープンキャンパスを訪れます。

TOPへ戻る

名古屋女子大学中学校・高等学校 〒467-8611 名古屋市瑞穂区汐路町4-21 TEL:052-841-8181

学校法人 越原学園 | 名古屋女子大学・短期大学部 | 名古屋女子大学中学校・高等学校 | 名古屋女子大学付属幼稚園